MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ
   

ホーム

     

ブログ

製造業のものづくりDXとは?重要性や課題について徹底解説

   

製造業のものづくりDXとは?重要性や課題について徹底解説

サムネイル画像

DXとは?

DXは「デジタルフォーメーション(Digital transformation)」の略語です。

2018年12月に経済産業省が公表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」のなかで、DXは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されています。

つまり、企業はDXに取り組むことで、変化の激しいビジネス環境のなかでも製品やサービスに変革を起こし、社会に価値提供を与え続けることが可能になるのです。

DXについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連リンク: デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進したい

 

製造業のものづくりDXとは

製造業にとってDXはものづくりの現場で過去に培ったノウハウを個人として蓄積していくだけではありません。デジタル化によって社内での共有を容易に行えます。

社内で情報を共有することで、生産性向上やリードタイム短縮、品質向上に活かしやすくなります。

 

製造業でDXが重要視されている理由

 

製造業でDXが重要視されている理由は次の3つです。

● 作業の効率化
● 様々なコストの削減
● 新しい価値の創造

それぞれ詳しく解説します。

作業の効率化

自社にDXを導入し、IT技術の活用や機械ロボットの活用を行えるようになれば、製造現場の半自動化が可能です。

従来は人間が行っていた作業をIT化することにより、少ない人員で業務をまわせるだけでなく、生産率の向上も期待できます。

様々なコストの削減

これまで、製造業の現場でのメンテナンスはメンテナンスを実施する時期を事前に決めておき、定期的な確認が一般的でした。IT技術を活用することで設備の異常状態を事前に把握できるため、早急な対応が可能です。事前に防止するためのメンテナンスを徹底できれば、メンテナンスコストの削減を実現できます。

また、DXを導入することで、少ない人員で現場をまわすことが可能です。そのため、採用コストや育成コストを削減できます。

新しい価値の創造

DXを導入することで作業を効率化できるため、時間に余裕が生まれます。その時間を有効活用することで、製品開発に時間やコストをかけられるようになるでしょう。

その結果、新しい価値が創造され、社会に一層大きな価値を与えられる他、自社の売上アップにも繋がります。

コロナ禍でDXの重要性がさらに加速

新型コロナウイルスの影響により、日本の製造業は岐路に立たされている状況です。ものづくりの体制が見直されている日本の製造業では、DXの重要性が加速しています。新型コロナが蔓延する前、海外の顧客に製品を提供するにあたり、エンジニアが現地まで同行するケースが多々ありました。海外の顧客にとって、設定までしてもらえるサポートは魅力的なものです。しかし、新型コロナ禍では感染症対策のため、このようなサービスの提供は困難になりました。

一方、海外メーカーの製品の多くが設定やトラブル対応などをリモートで行うことが一般的です。そのため、エンジニアが現地に訪れなくても、顧客はリモートで技術サポートを受けられます。

コロナ禍ではリモート対応に強い海外メーカーのニーズが急増しているため、日本のメーカーもリモート対応できるよう仕組み化していく必要があります。

 

製造業のDXの現状と課題

 

製造業のDXの現状と課題は次の2つです。

● IT人材・DX人材不足
● IT投資不足

それぞれ詳しく解説します。

IT人材・DX人材不足

日本は少子高齢化による人口減少で、多くの業界で働き手が不足しています。こうした問題が生じたのは、日本の労働者の能力を過信していたことも一つの要因です。日本企業の成長は20年間におよんで低迷しており、「失われた20年」ともいわれています。一方、中国やアメリカなどは飛躍的な経済成長を遂げているため、日本は国際社会のなかでおくれをとっている状況です。

IT業界における人材不足も深刻な問題です。経済産業省の調査(2019年3月)によると、2030年にはIT人材が約79万人不足するといわれています。

DX人材について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連リンク:DX人材とは?必要とされるスキル・知識・マインドセットについて解説

IT投資不足

IT投資には与えられた経営資源の効率化を行い、利益の最大化を目指す「オーディナリー・ケイパビリティ」を重視する企業と、環境の変化に応じて企業を変革していく「ダイナミック・ケイパビリティ」を重視する企業があります。

「オーディナリー・ケイパビリティ」を重視する企業は旧来の基幹システムや保守が目的です。一方、「ダイナミック・ケイパビリティ」を重視する企業は、ビジネス全体の変革や人材育成、業務効率化を目的としています。

日本企業の多くが「オーディナリー・ケイパビリティ」を重視している傾向にあります。しかし、市場のニーズやビジネスをとりまく環境が大きく変化する昨今、「ダイナミック・ケイパビリティ」が急務です。

 

ものづくりDXの推進方法

ものづくりDXの推進方法は以下の4つのステップです。

1.  現場を理解し、実現イメージを共有
2. 人材の確保とデータの収集・分析
3. 業務の効率化
4. 顧客の育成

DXを推進するにあたって、現場を理解し、実現へのイメージの共有を行う必要があります。その後、目的達成に必要なスキルや知識を持つ人材を確保、およびデータの収集・分析を行って市場のニーズを把握します。

DXの推進を効率的に行うためには小さな事柄から始めることが重要です。社内の業務の大部分をまとめて変更すると、現場が混乱したり、上手くいかなった場合の対応に手間がかかったりします。

ものづくりDXの推進方法について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連リンク:デジタル・トランスフォーメーション(DX)の実現に向けての取り組み方法(企画編)

 

ハイブリッドテクノロジーズの提供サービス

ハイブリッドテクノロジーズでは、ビジネスデザイン、UIUXデザイン、設計、実装、テスト、リリース、運用、保守まで一気通貫してサービスを提供しております。500名以上の経験豊富なエンジニアにより、迅速かつ高品質なシステム開発が可能です。 アジャイル開発ウォーターウォール開発ハイブリッド開発と言った様々な開発手法に対応しており、契約形態に関しましてもラボ型契約と受託型契約の2つから選択いただけます。お客様の状況や開発内容に応じて、開発手法と契約形態を柔軟にご指定いただけますが、それぞれの開発手法、契約形態の特徴の親和性から、アジャイル開発ではラボ型契約が、ウォーターウォール開発とハイブリッド開発では受託型契約を選択されるクライアント様が多数を占めます。

ラボ型開発について: ラボ型開発 サービス

受託型開発について: 受託開発 サービス

ハイブリッドテクノロジーズが選ばれる理由

弊社ではクライアント企業様及びエンドユーザー様の声を聞き、UIUXを意識したビジネスデザインを行なっております。 テーマを決めて分析し、仮説を立ててビジネスデザインを行い、プロトタイピング、検証、フィードバックを受け、再度分析から始める。 この一連の流れを、アジャイルスクラム開発に精通した500名以上のエンジニアが光速で回していくことにより、最速でより良いものを実現していきます。 ハイブリッドテクノロジーズには市場の声を現実にするための仕組みとメンバーが揃っています。

システム開発の成功事例

システム開発での成功事例をご紹介します

OfferGate(株式会社リフト)

サービス内容

⼈材紹介会社、派遣会社を通さずに、⾃社の条件や要件に合った外国⼈材求職者へ直接アプローチできる外国⼈材の採⽤マッチングプラットフォーム

サービス上の課題/目指したいサービス

課題 外国⼈材の採⽤には、求⼈ポータル形式や⼈材紹介会社を通して⾏われるケースが多く、互いにコミュニケーションが困難なため、外国⼈求職者と企業側のミスマッチが起こるケースがあること 目指したいサービス 今回構築する採⽤マッチングプラットフォームを介することで、外国⼈求職者と直接コミュニケーションを取れようになり、ミスマッチを減らして企業の外国⼈材受け⼊れを促進すること

当社を選択していただいた理由

サービス対象が外国人であるため、当社のベトナム人を織り交ぜた開発体制はユーザー視点を取り入れることが可能になるという点と開発体制をリフト様では内製で保持しておらずサービス開発の体制が組めないため、サービス開発知見の多い当社をパートナーに選択していただいた。

当社ご提案内容

ターゲット層であるベトナム⼈視点のUI/UX設計から保守改修までのワンストップでのハイブリッド型サービスの提供

補助金クラウド(株式会社Stayway) サービスURL:https://www.hojyokincloud.jp/

サービス内容

補助金活用を検討する企業が、専門家に採択可能性や申請できる補助金の種別などの相談をすることができるWEBプラットフォーム

サービス上の課題/目指したいサービス

課題 コロナ発生以降、既存事業の立て直し、新規事業の創出が重要になった世の中に対して、行政が支援している補助金活用のニーズが増加している。 エンドユーザー側は多くの企業に行政書士などの専門家が不在のため各企業のニーズが満たされる補助金の種類や可能性が相談できる場面がなく、一から探すのもかなりの工数がかかっている状態が発生している。 金融機関/士業/事業会社おいても、補助金活用ニーズのある顧客との商談を円滑に進めるのが難しいという課題も存在している。

目指したいサービス 今回提供する補助金クラウドにより、エンドユーザー、士業事業経営をしている企業において以下の価値を提供が可能に。 エンドユーザーは、気軽にどの補助金が活用できるか、支援してくれる士業者とのマッチング、補助金採択の可能性を上げる申請相談が可能になります。 金融機関/士業/事業会社は、有効顧客の発掘、最新の補助金情報の入手、申請サポートによる採択率の増加が可能になり、売上増加が見込めます。

クライアント課題/要望

・新規事業の立ち上げ体制のリソースが不足 ・UI/UX、システムの要件定義などの上流工程から体制構築したい ・自社の開発チームと組み合わせながら、擬似内製チームを構築したい ・事業状況に応じて柔軟にリソースを調整したい

当社ご提案内容

日本人によるUI/UXデザイナーの設計から運用保守まで一気通貫で対応できるハイブリッド型サービス ストックサービス

 

まとめ

DXは企業にとって重要な課題です。世の中が大きく変化し、企業間の競争が激化する昨今、多くの企業は社内にDXを導入し、普及させていくことが課題となっています。

DXの導入が急務となっているのは製造業も例外ではありません。DXを導入することで、属人化の解消や人手不足を改善できる可能性がある他、既存の従業員の負担の軽減や属人化の解消も可能です。

DXの導入を検討している企業は段階的に導入していくことをおすすめします。段階的に導入を行うことで、上手くいかなかった場合の損害を最小限に収められるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ