MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ
   

ホーム

     

ブログ

イテレーションの意味とは?スプリントとの違いも解説

   

イテレーションの意味とは?スプリントとの違いも解説

サムネイル画像

 

イテレーションの意味とは?

システム開発におけるイテレーションとは「設計・開発・テスト・リリース」といった各工程を繰り返すサイクルを指します。イテレーションは通常1週間〜2ヶ月ほどで設定します。1つのイテレーションが終われば、結果や課題について振り返り、次のイテレーションに活かします。また、複数のイテレーションが同時に進行していることもあります。

イテレーションは、開発しながらシステムを改善していく「アジャイル開発」における考え方の1つです。アジャイル開発については、こちらの記事で詳しく解説しています。
スクラム開発とは?アジャイルとの違いやメリット・デメリットを解説

近年イテレーションが必要とされている背景

アジャイル開発やイテレーションが必要とされている理由として、改善点や顧客からの要望を反映しやすい点があります。

イテレーションが活用される前は「ウォーターフォール開発」が多く使われていました。ウォーターフォール開発とは、滝が上流から下流に流れ落ちるように、スケジュールや流れに沿って開発を進めていく手法です。この開発手法は、開発途中で問題点や新たな要望が出てもやり直しが効かないというデメリットがあります。

アジャイル開発は、そのデメリットを補うために生まれた開発手法です。イテレーション期間を設定して何回かに分けてリリースを行い、顧客からの要望を取り入れるなど、より柔軟な「システム開発」を目指すようになったという背景があります。

イテレーションとスプリントの違いとは?

イテレーションと似た意味の用語として「スプリント」があります。2つの言葉の意味や、使う場面などについて解説します。

XPのイテレーション

XPとは「Extreme Programing」を略したもので、過去の開発から得たノウハウや運営指針を活かして実践することを表します。「Extreme (エクストリーム)」は「極端、過激」などの意味のある言葉です。XPでは、これまでの成功事例と同じ取り組みを徹底的に実践することで成功を目指します。

XPでは次回の開発のためにノウハウを蓄積していくことを重要視します。また、イテレーションでは各サイクルごとに振り返りを設けることから改善点などを見つけやすいという特徴があります。これらの理由からXPではイテレーション期間を設定し、効果的に使われています。

スクラムのイテレーション

「スクラム開発」とは、開発チームで協力しながら生産性を高めることを目指す開発手法です。ラグビーのフォーメーションから名付けられました。スクラム開発では「スプリント」と呼ばれるサイクルを使います。設計から改善までの一連の流れを繰り返し、顧客の意見を反映していきます。

短期間で工程を繰り返すことが似ていることから、スプリントとイテレーションが混同して使われるケースもあります。一般的には、スクラム開発においてはスプリントと呼ばれることが多い傾向にあります。「sprint(スプリント)」とは、短距離走という意味を持つ言葉です。ゴールが近く明確な位置にあることから、適切なペース配分でプロジェクトに取り組めます。

イテレーションが使われるプロセス

イテレーションの考え方がどのように使われるのか、実際の流れに沿って見ていきましょう。

イテレーション計画の作成・目標設定

イテレーションの期間は短いため、顧客が要望した全ての内容を一度で開発することはできません。期間内に収まるように、開発する内容を絞ることが一般的です。顧客とよく話し合った上で優先すべき項目を選び、計画を作成していきます。また、この時に「どの程度の品質を目指すのか」といった目標も決めておきます。

開発の設計・実行

イテレーションの計画や目標が定まったら、設計や実行のプロセスに入ります。イテレーションは少人数・短期間で取り組むため、各自の進捗状況をこまめに共有しながらスケジュールの管理を行います。

成果物のリリース・振り返り

イテレーションの終了時には成果物を一旦リリースし、顧客に動作を確認してもらうなどの時間を設けます。また、開発チーム内でも振り返りを行い、改善点をまとめておくことも重要です。

振り返りが終われば、さっそく次回のイテレーションに向けて動き出します。振り返りの内容や、顧客の要望・開発の難易度といった面から決定した優先度に従い、次に着手することの選定をしていきます。

理想的なイテレーション期間

アジャイル開発ではイテレーション期間を適切に定め、プロジェクトにリズムや緊張感を持たせることが重要です。一般的には、イテレーションは1週間〜2ヶ月程度の期間に設定する傾向があります。

弊社ハイブリッドテクノロジーズでは、これまでの経験やスピード感といった面から「1スプリント2週間」の原則を採用しています。

イテレーション期間の決め方

イテレーション期間は「長ければ長いほど質の良いものを作れる」というわけではありません。イテレーションの期間を決定するには、以下の要素を考慮します。

・プロジェクトの期間
・顧客の要求が変更する可能性
・開発者のスキル
・各要求の重要度

「開発者に豊富な経験があるため短めに設定する」「顧客の要求が変更する可能性が高いため、早めにリリースして一旦チェックする」など、その時の状況に応じてイテレーション期間を決定することが重要です。

ハイブリッドテクノロジーズの提供サービス

ハイブリッドテクノロジーズは、高い品質管理のもと、アプリケーション開発、システム開発の設計、デザインなどの上流工程から開発、運用、保守に至る全ての工程をトータルでご提供することで、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進をサポートいたします。

お客様の要望に合わせて、アジャイル開発やウォーターフォール開発等の開発手法やラボ(ストック)型サービスや受託(フロー)型サービスを柔軟に組み合わせて対応させていただきます。

【アジャイル開発ご希望のお客様】
・アジャイル開発についてはこちら

【ウォーターフォール開発ご希望のお客様】
・ウォーターフォール開発についてはこちら

【ラボ(ストック)型開発サービスご希望のお客様】
・ラボ(ストック)型開発サービスについてはこちら

【受託(フロー)型開発サービスご希望のお客様】
・受託(フロー)型開発サービスについてはこちら

ハイブリッドテクノロジーズが選ばれる理由

01 ビジネス設計〜実装・保守までワンストップで提供できるサービス体制
既存サービスの変革や新規サービスを成功を導くための顧客体験発想による設計からプロジェクトをスタートし、MVP開発を通して顧客のビジネスグロースを一緒に共創していくサービスを提供します。

02 UCS(ユーザー中心設計)によるUI/UXデザイン
実際にそのサービスを使うユーザーを調査、分析しながら、人間中心設計を元にデザインを行なっていきます。

03 スピード感をもった開発体制の構築
要件定義で定めた機能の中から優先度の高い重要なものから、アジャイル・スクラム開発を用いて開発することでサービスインまでの期間を短縮。素早いリリースを実現し、機能の追加などのブラッシュアップを行います。
ベトナムにおける日系No1*1という知名度の高さと20,000人以上*2の候補者リスト*2を元に必要な人員リソースの確保が可能なため、スピード感をもった開発の実行が可能です。

04 累計290社の顧客のプロダクト開発実績
当社が創業以来、豊富なシステム開発・アプリ制作の実績があり、それらを通じて蓄積した知見やノウハウを持ち合わせています。企画段階から要件定義・デザイン・開発まで担当し、プロジェクトを成功に導きます。

05 低コストかつ自由度の高い開発
フルスクラッチ開発とパッケージ開発のいいところどりを実現。 フルスクラッチ開発だとコストが上がる傾向にありますが、当社はベトナムのリソースを活用することでコストを抑えられます。
また、パッケージ開発だと自由度が失われる傾向がありますが、当社はスクラッチ開発で顧客予算に合わせて、スコープを見定めながら、進めることができるので、低コストで自由度の高い開発が実現できます。

06 国際標準規格に則った品質管理体制
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO9001」、「ISMS(ISO/IEC270001)」、ソフトウェア・テストの国際規「ISTQB Platinum Partner」の認証を取得しており、国際標準規格に則った品質管理体制を提供しています。

  1. 株式会社マイナビが運営するベトナムITエンジニア専門の求人サイトITviecは、給与・教育・マネージメント・企業文化・オフィス環境の観点から、Best Companyを選定。Hbrid technologies Vietnam Co., Ltdは、2019年と2020年に、日系企業で最高位に選出されました。
  2. 過去の当社へ応募頂いた開発候補者のリストです。応募のタイミングでリクルートシステムに登録し、常にそのリストから候補者へのリサーチできる体制を持っています。

 

まとめ

イテレーションのサイクルをうまく回すことができれば、プロジェクトがテンポよく進行し、効率的なシステム開発を目指せます。

顧客が必要としているシステムの順に開発したり、開発途中で顧客の意見を取り入れたりすることで、柔軟で満足度の高いシステム開発につながるメリットもあります。

まずは開発すべき内容の優先度を明確にし、イテレーションを適切に設定することが大切です。本記事の内容を参考に、イテレーションやアジャイル開発へのイメージが膨らみましたら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ