MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ
   

ホーム

     

ブログ

スクラム開発とは?アジャイルとの違いやメリット・デメリットを解説

   

スクラム開発とは?アジャイルとの違いやメリット・デメリットを解説

サムネイル画像

 

スクラム開発とは?

スクラム開発とは、システム開発の際に用いられる手法の1つです。チームでの作業を成功させるためのフレームワークとして使われています。「スクラム」とは、ラグビーの試合で使われるフォーメーションから名付けられました。スクラムを組むかのように、チームで一丸になり開発するという意味合いがあります。

アジャイル開発との違い

システム開発には「アジャイル開発」「ウォーターフォール開発」など、さまざまな手法が存在します。
アジャイル開発は、素早く柔軟に開発を進めていくことが特徴の手法です。アジャイル開発の中でさらに種類が細分化されており、スクラム開発はその代表的な手法の1つという位置付けになります。

 

スクラム開発手法の特徴


スクラム開発にはどのような特徴があるのでしょうか。「2種類のバックログ」「チーム主体の開発手法」の2点をご紹介します。

2種類のバックログ

スクラム開発の特徴として、2種類のバックログがあるという点が挙げられます。バックログとは、今後やるべきだが、まだやっていない取り組みのことを指します。例として「作業する予定のシステムや機能」「達成したい目標」などがあります。

プロダクト・バックログ

1つ目のプロダクト・バックログは、プロダクトがどのような価値を提供するのか、機能や改善点などをまとめたリストです。関係者全員が閲覧できるようにすることで、現在のプロダクトの状況をチェックできる環境を作ります。
プロダクト・バックログの代表的な形式として「ユーザーストーリー」があります。開発するシステムを使うユーザーにとっての価値についてまとめたもので、「誰のために実現するか」「何のために実現するか」について明確にします。
仕様変更などの事態が発生した場合、ユーザーストーリーを見返し、プロジェクトの目的や本質に立ち返るといった使い方をします。プロダクト・バックログがあれば、チームの価値観の統一がしやすくなったり、伝達がスムーズになったりするメリットがあります。チームでの作業体制を重視するスクラム開発では、プロダクト・バックログがプロジェクトの方向性をまとめるのに役立ちます。

スプリント・バックログ

2つ目はスプリント・バックログです。短距離走を意味する「スプリント」という意味合いがあります。「タイムボックス」と呼ばれる1〜4週間などの短期間で行うべき作業をまとめたバックログで、チームのやることリストのような役割があります。
期間中は、チームの各メンバーが責任を持って担当のタスクを終わらせます。「自分のタスクさえ終わらせればいい」というわけではなく、チームの仕事として考える姿勢が重要です。スプリント・バックログはチームで共有し、チームとして責任を持って取り組みます。
スプリント・バックログに書かれた作業を遂行するためには「デイリースクラム」の取り組みが有効です。デイリースクラムでは毎朝チームの全員が集まり、各自の進捗を報告します。報告する内容は、以下の通りです。
・昨日やったこと
・今日やる予定のこと
・作業の遂行において障害となっていること
これらの情報を端的に報告することで、チーム全体の進捗具合を把握します。1回につき15分ほどの時間を使うのが一般的です。

チーム主体の開発手法

スクラム開発では、リーダーやマネージャーだけではなく、チームそのものが主体となってプロジェクトを進めます。チーム一人一人が当事者意識を持ってプロジェクトのあり方を考え、セルフマネジメントしていきます。開発チームのメンバーは、リーダーに責任を押し付けないようにするといった特徴があります。
メンバーが主体的に動くには、チームのコミュニケーションが取れている状態が望ましいとされています。そのためには、10人以下の小規模なチームで開発を進めることが理想的です。

 

スクラム開発の開発人員・役割


スクラム開発では「プロダクト・オーナー」「スクラム・マスター」「スクラム開発メンバー」の3つの人員を配置します。それぞれの役割について解説します。

プロダクト・オーナー

プロダクト・オーナーには、システムの方向性を決定し、プロジェクトを正しい方向へと導く役割があります。
プロダクト・オーナーはプロジェクトが成功するよう、開発チームがより価値を生み出せる状況を作ります。実際の開発に入る前には、ユーザー像やシステムの要件の把握を行います。それに基づいて、以下の業務を行います。
・プロダクトバックログを作り、管理する
・開発チームの作業に優先順位をつける
プロジェクトの指標となるプロダクトバックログを作成するのは、特に大切な業務です。開発チームのメンバーと連携しながら、常に適切なバックログを提示することで、システムが価値のあるものになるよう努めます。日々変化するプロジェクトの状況に応じて、的確に対応することが求められます。

スクラム・マスター

プロジェクトを実際に推進していくのは、スクラム・マスターの仕事です。開発メンバーが無事にタスクを完了していくための調整を行います。具体的な業務は、以下の通りです。
・開発メンバーの指導
・チームのコミュニケーションや協力関係を促進
・タイムボックス(短期間)の計画を作成、管理する
スクラム・マスターは、開発が円滑に進んでいるかどうかチェックし、調整する役割があります。困りごとを抱えている開発メンバーがいれば、解決できるよう手助けします。時には責任者であるプロダクト・オーナーに対して意見する場合もあります。
スクラム開発で重要となる主体的な協力関係を促進するのも、スクラム・マスターの仕事です。自ら全ての問題を解決するのではなく、開発メンバー自身で解決できるように、考えや行動を促します。プロジェクトを円滑に進めることに加え、開発メンバーが課題を乗り越え、チームがともに成長することに貢献することが理想的です。
これらの業務を行うためには、開発メンバーが行う作業について理解していることが大切です。また、技術的なことはもちろん、スクラム開発の進め方についても詳しいことが求められます。

スクラム開発メンバー

実際に作業を行うのが、システムを設計したり、実際に構築したりする開発メンバーです。開発メンバーはタイムボックスの計画に基づき、作業を遂行していきます。
チーム一丸となって作業を行うスクラム開発では、コミュニケーションを重視します。他の開発メンバーと協力して作業を進めるため、チームとして助け合う気持ちを持ち、主体的に取り組む姿勢が重要です。
また、開発メンバーそれぞれが当事者意識を持ってプロジェクトを進めるために、スクラムを組む際には人数にも気を配ります。人数が多すぎると「誰かが何とかしてくれるだろう」という意識が出てくる可能性があるため、大人数にしないことが一般的です。開発メンバーは7人以下の少人数にする傾向があります。
開発メンバーは、協力的で主体性のある組織文化を醸成するために、特に重要な立ち位置と言えます。スクラム・マスターから事細かに指示を受けなくても、責任を持って業務に取り組むことができる人材が理想と言えるでしょう。

 

スクラム開発のメリット


生産性やプロジェクトの進めやすさといった観点から、スクラム開発のメリット4つをご紹介します。

問題発見と解決が迅速に行える

スクラム開発はデイリースクラムと呼ばれるミーティングを毎日行うため、問題が起きても発見しやすいという点にメリットがあります。
デイリースクラムでは、昨日と今日の作業内容や、現在抱えている問題について報告します。この取り組みにより、プロジェクトの状況を正確に把握し、問題に対しての対応がしやすい環境を整えます。また、必要に応じてスクラム・マスターが介入し、問題を解決するための指示や調整を行います。

メンバーが主体的に取り組める

スクラム開発では、チームの一人一人が主体的に取り組むことにより、高い生産性が実現する可能性があります。
プロダクト・オーナーやスクラム・マスターといった役職だけではなく、開発メンバーも含めたチーム全員が当事者意識を持って取り組みます。それぞれの得意な分野のスキルを把握・発揮するなど、パフォーマンスが高まりやすい状況を作ります。
チームのメンバーがお互いを助け合い、良好な関係を築くことで、モチベーションが生まれやすいという側面もあります。

スケジュール通りに開発が進みやすい

アジャイル開発は、計画から実装、テストといった工程を小さなサイクルで繰り返す点に特徴があります。
アジャイル開発の一部であるスクラム開発も同様に、短い期間で各工程に取り組んでいきます。1つの機能に対してどれくらいの作業量が出てくるのか見積もるため、スケジュール通りに開発が進められる可能性があります。
また、協力してプロジェクトに取り組むことで、問題発見や解決に至りやすいのがスクラム開発です。作成したスケジュールと大きくズレることなくプロジェクトが進むケースも多くあります。

仕様変更に対応しやすい

アジャイル開発には、プロジェクトの状況に応じて対応を変えていくという特徴があります。想定したシステムの仕様やスケジュールに縛られることなく、必要に応じて柔軟に変更していきます。スクラム開発も同様に、開発状況やユーザーの要望に応じて仕様変更しやすいというメリットがあります。

スクラム開発のデメリット・失敗ケース

スクラム開発のデメリットや、失敗しやすいポイントについてチェックしましょう。

初心者のメンバーがいる場合、スケジュール通りに進めにくい

短期間で集中的にタスクをこなしていくスクラム開発では、初心者の開発メンバーに対しての教育期間がうまく設けられないことがあります。また、初心者に対してのフォローの時間が発生し、スケジュールが読みにくくなるケースも考えられます。開発メンバーが力を発揮しやすいよう、スクラム開発ではメンバー選びが1つのポイントになります。

柔軟に変更しやすいゆえに、スケジュール自体がブレる可能性がある

アジャイル開発及びスクラム開発は、スケジュールを固めすぎずにプロジェクトを始めることが多くあります。
しかし、システムをよりよいものにしていこうと改善を続けたり、ユーザーからの意見を取り入れたりするうちに、スケジュールのコントロールが難しくなることが考えられます。スクラム開発は柔軟に進めていける反面、スケジュールがブレやすいというデメリットがあります。
また、機能ごとに各工程を繰り返して開発を進めていくという点も、スケジュールの管理を難しくさせる要因の1つです。

コミュニケーションが苦手なメンバーには不向き

スクラム開発では、コミュニケーションを取りながら開発を進めることが求められます。毎日のデイリースクラムでは、自分の進捗状況や課題を端的に言語化し、発表する必要があります。
また、日頃から他のメンバーの動きも頭に入れ、困っている様子であればフォローする場合もあります。自分のことに集中して黙々と業務を行いたいというタイプには、苦痛に感じる開発手法です。スクラム開発では、コミュニケーション能力を考慮してチームのメンバーを選ぶと良いでしょう。

 

ハイブリッドテクノロジーズの提供サービス

ハイブリッドテクノロジーズは、高い品質管理のもと、アプリケーション開発、システム開発の設計、デザインなどの上流工程から開発、運用、保守に至る全ての工程をトータルでご提供することで、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進をサポートいたします。

お客様の要望に合わせて、アジャイル開発やウォーターフォール開発等の開発手法やラボ(ストック)型サービスや受託(フロー)型サービスを柔軟に組み合わせて対応させていただきます。

【アジャイル開発ご希望のお客様】
・アジャイル開発についてはこちら

【ウォーターフォール開発ご希望のお客様】
・ウォーターフォール開発についてはこちら

【ラボ(ストック)型開発サービスご希望のお客様】
・ラボ(ストック)型開発サービスについてはこちら

【受託(フロー)型開発サービスご希望のお客様】
・受託(フロー)型開発サービスについてはこちら

ハイブリッドテクノロジーズが選ばれる理由

01 ビジネス設計〜実装・保守までワンストップで提供できるサービス体制
既存サービスの変革や新規サービスを成功を導くための顧客体験発想による設計からプロジェクトをスタートし、MVP開発を通して顧客のビジネスグロースを一緒に共創していくサービスを提供します。

02 UCS(ユーザー中心設計)によるUI/UXデザイン
実際にそのサービスを使うユーザーを調査、分析しながら、人間中心設計を元にデザインを行なっていきます。

03 スピード感をもった開発体制の構築
要件定義で定めた機能の中から優先度の高い重要なものから、アジャイル・スクラム開発を用いて開発することでサービスインまでの期間を短縮。素早いリリースを実現し、機能の追加などのブラッシュアップを行います。
ベトナムにおける日系No1*1という知名度の高さと20,000人以上*2の候補者リスト*2を元に必要な人員リソースの確保が可能なため、スピード感をもった開発の実行が可能です。

04 累計290社の顧客のプロダクト開発実績
当社が創業以来、豊富なシステム開発・アプリ制作の実績があり、それらを通じて蓄積した知見やノウハウを持ち合わせています。企画段階から要件定義・デザイン・開発まで担当し、プロジェクトを成功に導きます。

05 低コストかつ自由度の高い開発
フルスクラッチ開発とパッケージ開発のいいところどりを実現。 フルスクラッチ開発だとコストが上がる傾向にありますが、当社はベトナムのリソースを活用することでコストを抑えられます。
また、パッケージ開発だと自由度が失われる傾向がありますが、当社はスクラッチ開発で顧客予算に合わせて、スコープを見定めながら、進めることができるので、低コストで自由度の高い開発が実現できます。

06 国際標準規格に則った品質管理体制
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO9001」、「ISMS(ISO/IEC270001)」、ソフトウェア・テストの国際規「ISTQB Platinum Partner」の認証を取得しており、国際標準規格に則った品質管理体制を提供しています。

 

  1. 株式会社マイナビが運営するベトナムITエンジニア専門の求人サイトITviecは、給与・教育・マネージメント・企業文化・オフィス環境の観点から、Best Companyを選定。Hbrid technologies Vietnam Co., Ltdは、2019年と2020年に、日系企業で最高位に選出されました。
  2. 過去の当社へ応募頂いた開発候補者のリストです。応募のタイミングでリクルートシステムに登録し、常にそのリストから候補者へのリサーチできる体制を持っています。

 

 

アプリ開発の成功事例

アジャイル開発での成功事例をご紹介します

OfferGate(株式会社リフト)

サービス内容

⼈材紹介会社、派遣会社を通さずに、⾃社の条件や要件に合った外国⼈材求職者へ直接アプローチできる外国⼈材の採⽤マッチングプラットフォーム

サービス上の課題/目指したいサービス

課題
外国⼈材の採⽤には、求⼈ポータル形式や⼈材紹介会社を通して⾏われるケースが多く、互いにコミュニケーションが困難なため、外国⼈求職者と企業側のミスマッチが起こるケースがあること

目指したいサービス
今回構築する採⽤マッチングプラットフォームを介することで、外国⼈求職者と直接コミュニケーションを取れようになり、ミスマッチを減らして企業の外国⼈材受け⼊れを促進すること

当社を選択していただいた理由

サービス対象が外国人であるため、当社のベトナム人を織り交ぜた開発体制はユーザー視点を取り入れることが可能になるという点と開発体制をリフト様では内製で保持しておらずサービス開発の体制が組めないため、サービス開発知見の多い当社をパートナーに選択していただいた。

当社ご提案内容

ターゲット層であるベトナム⼈視点のUI/UX設計から保守改修までのワンストップでのハイブリッド型サービスの提供

 

まとめ

スクラム開発は、メンバー全員が主役となって主体的に取り組むことで、高い生産性を目指す開発手法です。仲間とコミュニケーションを取りながら協力して取り組むことで、大きな達成感を感じられるでしょう。

スクラム開発のメリットを活かすには、協力関係を築ける仕組みづくりや、メンバーの人選が重要です。本記事を参考にスクラム開発の特性を理解し、開発に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ