MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ
   

ホーム

     

ブログ

オフショア開発とは?メリット・デメリットや課題、失敗事例を解説

   

オフショア開発とは?メリット・デメリットや課題、失敗事例を解説

サムネイル画像

 

オフショア開発とは?

オフショア開発(offshore development)とは、Webシステムやアプリケーションなどの開発を海外の企業や子会社に委託する手法です。コストやリソースの点で日本国内よりも有利にシステム開発を進められることから、アジアを中心とする海外に委託する動きが広まっています。 オフショア開発は、日本におけるIT人材の不足の解消の手立てとして大きな話題になりました。また、リモート体制の整備や新型コロナウイルスの流行といった影響を受け、オフショア開発への抵抗感が薄れていると感じる人もいます。そのような社会的な背景も加味し、引き続きオフショア開発の導入が加速すると考えられています。  

近年オフショア開発が注目されている背景

オフショア開発が注目されている理由として、人材不足など日本国内の事情が挙げられます。また、オフショア開発先の国の動向、さらにはグローバル化・ダイバーシティの推進など、世界的な動きまで関係します。オフショア開発が注目されている主な背景について、3つの視点からチェックしましょう。

日本でIT人材が不足しているため

IT化が急速に進む中で、ソフトウェア開発などに多くの優秀な人材が求められています。しかし、日本ではその人材の育成が追いついていない現状があります。2030年には約40万人以上ものIT人材が不足するとまで言われており、その解決策としてオフショア開発が注目されています。

オフショア開発活用のハードルが下がっているため

以前は海外に対する委託は多くの労力や準備が必要であり、大規模なプロジェクトになりがちでした。しかし現在は、通信技術や端末の性能が向上し、打ち合わせなどの連携が容易になりました。そのような理由から、大企業はもちろん、中小企業などでもオフショア開発が取り入れやすい環境が広まっています。 また、グローバル化やダイバーシティの推進などにより私たちの価値観も変化しつつあります。これにより、多様な背景を持った人たちと協力するオフショア開発がさらに広まりやすくなったと言われています。

オフショア開発国の技術力が向上しているため

IT産業の成長が著しい国では、優秀なIT人材が多く生まれています。高度なIT人材を排出するための教育を積極的に行っていたり、IT業界で高い給与を得られたりといった理由から、優秀な人材が次々とエンジニアになる国もあります。 意欲の高いエンジニアには、インターネットを通じて最新の情報を収集している人も多くいます。英語ができるエンジニアは母国語による情報にとどまらず、世界の幅広い最新情報にアクセスすることも当たり前になっています。 こうした背景から技術力が高いエンジニアが海外に多く、積極的に活用する動きがあります。

オフショア開発の直近の動向 – 依頼先として人気の国は?

日本がオフショア開発先として依頼しているのは、どのような国が多いのでしょうか。近年の動向も交えて解説します。

中国

世界2位の経済大国である中国は、目覚ましいスピードでIT市場が拡大しています。IT業界に勤めるビジネスパーソンの年収は中国でもトップクラスです。IT業界での平均年収は「10年間で約2.5倍アップした」と発表する調査もあるほど、群を抜いた成長として知られています。これらの理由から人気の職業であることに加え、中国の総人口自体が多いことから、エンジニアの数も多くなります。 日本では、中国との間に時差が少ないことや、オフショア開発先としての歴史も長いことから、委託先として人気の国というイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、エンジニアの需要が高まっているのは中国国内も同じです。「できれば優秀な人材は中国国内の案件に回したい」という考えを持つでしょう。このことから、優秀なエンジニアは国内の開発案件に回ってしまい、オフショア案件に対応しているエンジニアは比較的少ない可能性があるかもしれません。

インド

インドの公用語は英語で、コミュニケーションが取りやすいメリットがあります。また、幼稚園から掛け算を学んだり、学校で統計やデータ処理を勉強したりなど、インドの教育は数学に力を入れていることで有名です。これらの教育によって、技術力が高いエンジニアが多い傾向にあります。 インドの国民性として自己主張が強い傾向にあります。大らかで、時間に対する感覚も比較的ルーズです。中には、インドのオフショア開発ではプロジェクトの遅延や納期遅れが多く発生するという声もあります。また、日本とインドの時差は3時間半です。日本が朝10時の時にインドはまだ6時半と考えると、連絡が取れる時間を気に掛ける必要があります。

ベトナム

ベトナムは親日国で、日本語を話せる人材が多いと言われています。良好な関係を築きやすく、オフショア開発先として人気の国です。時差は2時間と、比較的少ないこともメリットの1つでしょう。 ベトナムは国をあげてIT人材の育成を行なっており「20年間でIT産業の労働人口は約20倍に増えた」という調査結果もあるほどです。さらに、ベトナムは勤勉で優秀なエンジニアが多く、技術の研究や最新の情報のチェックに積極的と言われています。 発展途上国でのオフショア開発は、テロにより現地のエンジニアが仕事どころではなくなったり、日本人が現地へ出張する時に危険にさらされたりと、何かとリスクがつきものです。しかしベトナムは発展途上国ながらも治安が安定しています。これにより、コストを抑えながらリスクの少ない開発ができる可能性があります。

 

オフショア開発の目的・メリット

オフショア開発の目的やメリットとして、以下の2つのポイントから解説します。 ・開発コストの削減 ・優秀なエンジニアリソースの確保

開発コストの削減

日本でエンジニアを雇えば人件費が予算の大きな割合を占めてしまいます。しかしオフショア開発を利用すると、日本の半分以下の人件費で済む場合があります。 人件費を抑えることで、純利益を増加させられます。その分、開発する機能を充実させたり、新しいプロジェクトに投資したりと、更なる価値を生み出すことにも繋がります。

優秀なエンジニアリソースの確保

日本ではIT人材の不足が深刻です。単にエンジニアをたくさん雇えばいいという問題ではなく、高度な教育を受けた経験のある優秀なエンジニアが求められています。オフショア開発は、優秀なIT人材の不足といった課題に対しても有効な手段となり得ます。 優秀なエンジニアリソースを確保することで、短期間で品質の良い開発を行える可能性がある点も、オフショア開発の特徴の一つです。  

オフショア開発の課題・デメリット

オフショア開発の課題やデメリットを、以下の4つの視点から説明します。 ・時差や言語の違いによるコミュニケーションコストがかかる ・文化や慣習の違いによってエラーが発生しやすい ・品質や進捗管理に時間がかかる ・小さい案件の場合、コストが上回る場合がある

時差や言語の違いによるコミュニケーションコストがかかる

オフショア開発では時差があるため、常に現地の時刻を意識して業務を進める必要があります。また、言語が違えばコミュニケーションがスムーズにいかないこともあります。細かな認識に相違が生まれたり、何度も伝え直したりと、何かとコミュニケーションコストがかかることも多いものです。 この問題を解決するため、オンライン会議を行うなど、すり合わせを意識的に行う企業も多くあります。ベトナムは比較的時差が少なく、オンライン会議など同時に行う必要のある業務にも取り組みやすいメリットがあります。双方に負担がかかりにくいため、コミュニケーションコストの面からオフショア開発先としておすすめの国です。

文化や慣習の違いによってエラーが発生しやすい

IT業界におけるルールは、どの国でも同じというわけではありません。例として、納品前のテストを担当する人が国によって異なります。日本では開発を行なったエンジニアがテストまで担当するのに対し、海外では別の担当者(テスター)が行うという文化があります。このことを認識していないと、動作確認されていないものを受け取るリスクもあるでしょう。 国によって異なる点として、デザインの方向性も挙げられます。デザインや色味といった要素を言語化し、海外の担当者に伝えるのは容易ではありません。しかし要件をしっかり定めておかないと、イメージしていた出来上がりとはずれてしまうリスクがあります。

品質や進捗管理に時間がかかる

物理的に距離が離れているため、品質がチェックしにくいことがあります。「問題ない」と報告を受けていても、日本人の基準からすれば問題があったという事例もあります。 また、残業や納期に対する考え方が異なり、進捗管理に影響が出ることがあります。例えば、日本人が「納期は絶対に守るべきもの」と捉えているプロジェクトでも、オフショア開発先ではそれほどの認識がない可能性があります。軽い気持ちで納期の延長を頼まれるなど、プロジェクトの失敗にも繋がりかねません。 品質や進捗管理に何らかのトラブルが発生するのは、日本よりオフショア開発先の方が多い傾向にあります。

小さい案件の場合、コストが上回る場合がある

コストが削減できるイメージのあるオフショア開発ですが、小さい案件の場合には、かえってコストが高くついてしまうことがあります。例えばオフショア開発のために、追加で次の人件費がかかることもあります。 ・コミュニケーター:通訳・翻訳をメインで行う担当者 ・ブリッジSE:日本とオフショア開発先の橋渡し役となるエンジニア 必要なコストを考慮しても利益を出せるかどうか、あらかじめよく計算しておくことが求められます。  

オフショア開発の失敗理由

海外に発注するという特性上、失敗が多いイメージのあるオフショア開発ですが、ここでは失敗の理由や内容について具体的に考えていきましょう。よくある失敗理由として、以下の例が挙げられます。 ・納期に間に合わなかった ・品質の低いシステムができた ・設計と全く違うシステムができた ・関係性が悪化し、非効率になった ・費用がかかりすぎてしまった オフショア開発先で行われていることがブラックボックス化してしまうことは、失敗する理由の1つです。現在の状況をオフショア開発先からこまめに報告してもらうことは重要ですが、その報告がどの程度正しいのか判断できないことがあります。「半分くらい終わっています」「特に問題はありません」といった報告を受けても、こちら側がイメージしているものとは違う可能性もあります。同じ場所にいればすぐ済む確認であっても、場所が離れている都合上難しいこともあり、納期や品質の面でトラブルが発生することになります。 さらに、エンジニア同士の関係性も問題になることがあります。上記を理由としたトラブルから関係が悪化し、効率や品質にも影響が出るなど、負のスパイラルに陥ることもあります。特に、ベトナム人は人前で怒られたり指摘されたりすることを嫌う傾向にあります。オフショア開発における失敗を避けるためには、実際の開発だけではなく、関係性や文化にも配慮する必要があります。 オフショア開発の失敗に対する解決方法は、こちらの記事で解説しています。 オフショア開発のトラブル解決方法  

ハイブリッドテクノロジーズの提供サービス

ハイブリッドテクノロジーズは、高い品質管理のもと、アプリケーション開発、システム開発の設計、デザインなどの上流工程から開発、運用、保守に至る全ての工程をトータルでご提供することで、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進をサポートいたします。 お客様の要望に合わせて、アジャイル開発やウォーターフォール開発等の開発手法やラボ(ストック)型サービスや受託(フロー)型サービスを柔軟に組み合わせて対応させていただきます。 【アジャイル開発ご希望のお客様】 ・アジャイル開発についてはこちら 【ウォーターフォール開発ご希望のお客様】 ・ウォーターフォール開発についてはこちら 【ラボ(ストック)型開発サービスご希望のお客様】 ・ラボ(ストック)型開発サービスについてはこちら 【受託(フロー)型開発サービスご希望のお客様】 ・受託(フロー)型開発サービスについてはこちら

ハイブリッドテクノロジーズが選ばれる理由

01 ビジネス設計〜実装・保守までワンストップで提供できるサービス体制 既存サービスの変革や新規サービスを成功を導くための顧客体験発想による設計からプロジェクトをスタートし、MVP開発を通して顧客のビジネスグロースを一緒に共創していくサービスを提供します。 02 UCS(ユーザー中心設計)によるUI/UXデザイン 実際にそのサービスを使うユーザーを調査、分析しながら、人間中心設計を元にデザインを行なっていきます。 03 スピード感をもった開発体制の構築 要件定義で定めた機能の中から優先度の高い重要なものから、アジャイル・スクラム開発を用いて開発することでサービスインまでの期間を短縮。素早いリリースを実現し、機能の追加などのブラッシュアップを行います。 ベトナムにおける日系No1*1という知名度の高さと20,000人以上*2の候補者リスト*2を元に必要な人員リソースの確保が可能なため、スピード感をもった開発の実行が可能です。 04 累計290社の顧客のプロダクト開発実績 当社が創業以来、豊富なシステム開発・アプリ制作の実績があり、それらを通じて蓄積した知見やノウハウを持ち合わせています。企画段階から要件定義・デザイン・開発まで担当し、プロジェクトを成功に導きます。 05 低コストかつ自由度の高い開発 フルスクラッチ開発とパッケージ開発のいいところどりを実現。 フルスクラッチ開発だとコストが上がる傾向にありますが、当社はベトナムのリソースを活用することでコストを抑えられます。 また、パッケージ開発だと自由度が失われる傾向がありますが、当社はスクラッチ開発で顧客予算に合わせて、スコープを見定めながら、進めることができるので、低コストで自由度の高い開発が実現できます。 06 国際標準規格に則った品質管理体制 情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO9001」、「ISMS(ISO/IEC270001)」、ソフトウェア・テストの国際規「ISTQB Platinum Partner」の認証を取得しており、国際標準規格に則った品質管理体制を提供しています。

  1. 株式会社マイナビが運営するベトナムITエンジニア専門の求人サイトITviecは、給与・教育・マネージメント・企業文化・オフィス環境の観点から、Best Companyを選定。Hbrid technologies Vietnam Co., Ltdは、2019年と2020年に、日系企業で最高位に選出されました。
  2. 過去の当社へ応募頂いた開発候補者のリストです。応募のタイミングでリクルートシステムに登録し、常にそのリストから候補者へのリサーチできる体制を持っています。

 

アジャイル開発の成功事例


アジャイル開発での成功事例をご紹介します

OfferGate(株式会社リフト)

サービス内容

⼈材紹介会社、派遣会社を通さずに、⾃社の条件や要件に合った外国⼈材求職者へ直接アプローチできる外国⼈材の採⽤マッチングプラットフォーム

サービス上の課題/目指したいサービス

課題 外国⼈材の採⽤には、求⼈ポータル形式や⼈材紹介会社を通して⾏われるケースが多く、互いにコミュニケーションが困難なため、外国⼈求職者と企業側のミスマッチが起こるケースがあること 目指したいサービス 今回構築する採⽤マッチングプラットフォームを介することで、外国⼈求職者と直接コミュニケーションを取れようになり、ミスマッチを減らして企業の外国⼈材受け⼊れを促進すること

当社を選択していただいた理由

サービス対象が外国人であるため、当社のベトナム人を織り交ぜた開発体制はユーザー視点を取り入れることが可能になるという点と開発体制をリフト様では内製で保持しておらずサービス開発の体制が組めないため、サービス開発知見の多い当社をパートナーに選択していただいた。

当社ご提案内容

ターゲット層であるベトナム⼈視点のUI/UX設計から保守改修までのワンストップでのハイブリッド型サービスの提供


補助金クラウド(株式会社Stayway) サービスURL:https://www.hojyokincloud.jp/

サービス内容

補助金活用を検討する企業が、専門家に採択可能性や申請できる補助金の種別などの相談をすることができるWEBプラットフォーム

サービス上の課題/目指したいサービス

課題 コロナ発生以降、既存事業の立て直し、新規事業の創出が重要になった世の中に対して、行政が支援している補助金活用のニーズが増加している。 エンドユーザー側は多くの企業に行政書士などの専門家が不在のため各企業のニーズが満たされる補助金の種類や可能性が相談できる場面がなく、一から探すのもかなりの工数がかかっている状態が発生している。 金融機関/士業/事業会社おいても、補助金活用ニーズのある顧客との商談を円滑に進めるのが難しいという課題も存在している。

目指したいサービス 今回提供する補助金クラウドにより、エンドユーザー、士業事業経営をしている企業において以下の価値を提供が可能に。 エンドユーザーは、気軽にどの補助金が活用できるか、支援してくれる士業者とのマッチング、補助金採択の可能性を上げる申請相談が可能になります。 金融機関/士業/事業会社は、有効顧客の発掘、最新の補助金情報の入手、申請サポートによる採択率の増加が可能になり、売上増加が見込めます。

クライアント課題/要望

・新規事業の立ち上げ体制のリソースが不足 ・UI/UX、システムの要件定義などの上流工程から体制構築したい ・自社の開発チームと組み合わせながら、擬似内製チームを構築したい ・事業状況に応じて柔軟にリソースを調整したい

当社ご提案内容

日本人によるUI/UXデザイナーの設計から運用保守まで一気通貫で対応できるハイブリッド型サービス ストックサービス

 

まとめ

オフショア開発の現状や目的・課題などについてご紹介しました。オフショア開発はコスト削減や優秀なIT人材の確保など多くのメリットがあり、進出のハードルも低くなっています。しかし、ただ単に「人手が足りないから」「流行っているから」といった理由で進出しては、プロジェクトに重大な支障をきたすこともあります。 ハイブリッドテクノロジーズは国内の開発のみならず、オフショア開発についての豊富なノウハウも蓄積しています。システム開発やオフショア開発についての課題でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ