MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ
   

ホーム

     

ブログ

PoC開発とは?メリットやポイント・注意点を解説

   

PoC開発とは?メリットやポイント・注意点を解説

サムネイル画像

PoC開発とは?

PoCとは「Proof of Concept」の頭文字を取った言葉で、日本語では「概念実証」と表記します。

PoCは新しい概念やアイデアを創出する前にラフな形で実物を作り、デモンストレーションを行うことをいいます。システム開発の分野をはじめさまざまな業界で使われています。

例えば、 市場でのテストマーケティングはPoCの一つです。また、製薬業界は少数の患者への臨床試験後に本格的な臨床試験に進みますが、これもPoCです。さらには、映画業界ではPoCとして短編映画の製作を行い、原作者に視聴してもらい映画化の権利を得るといった方法が用いられています。

 

PoC開発が近年注目されている背景

近年、PoC開発が注目されている背景として、IT投資についての企業のスタンスの変化が大きく関係していると考えられます。

これまでのIT投資では、新システムの導入によって業務効率アップを目指す取り組みが主でした。例えば、システムの自動化による手作業で行われていた工程の省略化の他、社内情報の一元管理などの取り組みが該当します。

近年では、各業界でデジタル変革が唱えられるなか、新規事業開拓や売上拡大を目標にしたITの投資がより鮮明です。ITの役割への経営サイドの期待が従来の業務効率化からビジネス成長へと移り変わっています。しかし、これらは新しい取り組みであることからも、計画通りに進まないというケースも少なくありません。

PoCではこのような新規事業に伴う不確実性を抑えて、プロジェクトで失敗するリスクを早期検証できる点からも重要性が高まっています。

 

PoC開発のメリット

PoCの開発にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下、PoC開発のメリットを見ていきましょう。

工数や人員コストの無駄をカットできる

PoCではシステムの実現性の検証を事前に行えるため、開発を進めたあとで実現不可能といった事態に気づくことを防げます。

実現性のある開発のみ着手できるため、不要な工数の発生や無駄な人員のコストを抑えられます。

システムの実現性を検証できる

PoCではプロトタイプで検証を行い、システムの実現率を事前に可視化できるため、投資対効果を引き出すことができるでしょう。

これにより、自社の技術では開発できなかった、あるいは想定外の軌道修正を繰り返し行わなければならないといった事態を防げます。

期待効果の検証ができる

PoCでは新システムの試作品をユーザーに試しに使用してもらえます。ユーザーから使用した感想や意見を聞き出せるため、期待効果とのギャップを確認できます。

ユーザーに試作品を利用してもらい、意見をもらうことで利益の指標や予想される売上を出しやすくなり、費用対効果の推測の精度向上も期待できるのです。

 

PoC開発のリスク

PoC開発にはデメリットもあります。
PoC開発におけるリスクを確認しておきましょう。

構想や情報が他社に漏れる可能性がある

PoCにおいて検証はプロトタイプを作成して行います。その特質上、情報が漏洩する可能性も少なからずあります。

構想や情報が他社に流れてしまった場合、自社の利益に大きく関わる問題となるのは明らかです。

検証回数によっては、コストが余計にかかる可能性がある

PoC開発では技術開発の実現性などを測れるため、上手く行うことで無駄を省くことができます。しかし、大規模な検証を行ったり、繰り返し検証を行ったりすると、コストが割高になるケースもあります。

 

PoC開発の流れや検証するべきポイント

PoC開発において流れや検証するべきポイントについて見ていきましょう。

効用・効果の検証

企画が完成したら、PoCによる検証を始めます。システム開発の内容に関わらずプロトタイプは必要不可欠です。最低限必要とする内容で構築したプロトタイプが完成したら、製造する意味や、開発がどういった面で役に立つのかなどといったと実効性を観察します。

実現性の検証

技術面において実現できるシステムか検証を行います。例えば、ビジネスに役立つ翻訳アプリを開発する場合、全ての言語を翻訳できるのか、癖のあるアクセントでもきちんと拾えるかなどがポイントです。

また、実現性の検証では、システムを利用するユーザーに実際に使ってもらうことも欠かせません。例えば、上記の例でいうと、英語が苦手な社員に翻訳アプリを使って会議に出席してもらったり、アプリを活用しながら英会話してもらったりという検証方法があります。

これらの検証を行い、実際の使用環境での使い心地などを明らかにする必要があります。

具体的な課題の検証・洗い出し

検証が終わったら、システムが抱える課題を整理していきます。ユーザーからの意見を参考にし、なおかつ市場ニーズも踏まえて、システムの微調整などを行います。

例えば、実際に開発中の商品などを使ってもらったユーザーに、使ってみた感想を率直に話してもらいます。重要なことは、課題の洗い出し、それに伴う修正、ユーザーテストを繰り返すことです。

 

PoC開発の成功ポイントや注意点

PoC開発で成功するにはどのような点に気を付ける必要があるでしょうか。
以下、PoC開発を成功させるポイントや注意点を紹介します。

小規模な検証を展開し、コストをかけすぎない

PoC開発では実物に近いものをラフな形で制作します。高度なものを制作しようとすると、コストが嵩むため注意してください。必要最低限の要素を取り込み、小規模な検証を心掛けるようにしましょう。

ただし、規模を小さくすることばかりに注力すると、実際のシステムやサービスとかけ離れたものになることもあります。開発にはクラウドや既存ツールを活用することで、検証コストを最小限に抑えられます。

検証の目的を明確にする

PoC開発では検証の目的を明確にしましょう。検証を行う際は、検証で明らかにしたい問題や、ユーザーから聞いてみたい意見などを洗い出しておくことをおすすめします。

目的を定めないまま検証を行うと、検証してみたものの何が明らかになったのか分からないということにもなりかねません。

実際の導入現場に近い環境で検証を行う

PoC検証は導入現場に近い環境で行ってください。導入現場と全く異なる環境で検証を行ったとしても、そこで出た効果を開発において効果的に活用できません。

システムによっては場所のみならず、時間や気温、天候にも注意を払わなければなりません。システムの動作やユーザーの言動に影響を与えるだろう要因をあらかじめ書き出し、それに近い環境で検証します。

 

ハイブリッドテクノロジーズの提供サービス

ハイブリッドテクノロジーズは、高い品質管理のもと、アプリケーション開発、システム開発の設計、デザインなどの上流工程から開発、運用、保守に至る全ての工程をトータルでご提供することで、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進をサポートいたします。

お客様の要望に合わせて、アジャイル開発やウォーターフォール開発等の開発手法やラボ(ストック)型サービスや受託(フロー)型サービスを柔軟に組み合わせて対応させていただきます。

【アジャイル開発ご希望のお客様】
・アジャイル開発についてはこちら

【ウォーターフォール開発ご希望のお客様】
・ウォーターフォール開発についてはこちら

【ラボ(ストック)型開発サービスご希望のお客様】
・ラボ(ストック)型開発サービスについてはこちら

【受託(フロー)型開発サービスご希望のお客様】
・受託(フロー)型開発サービスについてはこちら

ハイブリッドテクノロジーズが選ばれる理由

01 ビジネス設計〜実装・保守までワンストップで提供できるサービス体制
既存サービスの変革や新規サービスを成功を導くための顧客体験発想による設計からプロジェクトをスタートし、MVP開発を通して顧客のビジネスグロースを一緒に共創していくサービスを提供します。

02 UCS(ユーザー中心設計)によるUI/UXデザイン
実際にそのサービスを使うユーザーを調査、分析しながら、人間中心設計を元にデザインを行なっていきます。

03 スピード感をもった開発体制の構築
要件定義で定めた機能の中から優先度の高い重要なものから、アジャイル・スクラム開発を用いて開発することでサービスインまでの期間を短縮。素早いリリースを実現し、機能の追加などのブラッシュアップを行います。
ベトナムにおける日系No1*1という知名度の高さと20,000人以上*2の候補者リスト*2を元に必要な人員リソースの確保が可能なため、スピード感をもった開発の実行が可能です。

04 累計290社の顧客のプロダクト開発実績
当社が創業以来、豊富なシステム開発・アプリ制作の実績があり、それらを通じて蓄積した知見やノウハウを持ち合わせています。企画段階から要件定義・デザイン・開発まで担当し、プロジェクトを成功に導きます。

05 低コストかつ自由度の高い開発
フルスクラッチ開発とパッケージ開発のいいところどりを実現。 フルスクラッチ開発だとコストが上がる傾向にありますが、当社はベトナムのリソースを活用することでコストを抑えられます。
また、パッケージ開発だと自由度が失われる傾向がありますが、当社はスクラッチ開発で顧客予算に合わせて、スコープを見定めながら、進めることができるので、低コストで自由度の高い開発が実現できます。

06 国際標準規格に則った品質管理体制
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO9001」、「ISMS(ISO/IEC270001)」、ソフトウェア・テストの国際規「ISTQB Platinum Partner」の認証を取得しており、国際標準規格に則った品質管理体制を提供しています。

 

  1. 株式会社マイナビが運営するベトナムITエンジニア専門の求人サイトITviecは、給与・教育・マネージメント・企業文化・オフィス環境の観点から、Best Companyを選定。Hbrid technologies Vietnam Co., Ltdは、2019年と2020年に、日系企業で最高位に選出されました。
  2. 過去の当社へ応募頂いた開発候補者のリストです。応募のタイミングでリクルートシステムに登録し、常にそのリストから候補者へのリサーチできる体制を持っています。

 

アプリ開発の成功事例

アジャイル開発での成功事例をご紹介します

OfferGate(株式会社リフト)

サービス内容

⼈材紹介会社、派遣会社を通さずに、⾃社の条件や要件に合った外国⼈材求職者へ直接アプローチできる外国⼈材の採⽤マッチングプラットフォーム

サービス上の課題/目指したいサービス

課題
外国⼈材の採⽤には、求⼈ポータル形式や⼈材紹介会社を通して⾏われるケースが多く、互いにコミュニケーションが困難なため、外国⼈求職者と企業側のミスマッチが起こるケースがあること

目指したいサービス
今回構築する採⽤マッチングプラットフォームを介することで、外国⼈求職者と直接コミュニケーションを取れようになり、ミスマッチを減らして企業の外国⼈材受け⼊れを促進すること

当社を選択していただいた理由

サービス対象が外国人であるため、当社のベトナム人を織り交ぜた開発体制はユーザー視点を取り入れることが可能になるという点と開発体制をリフト様では内製で保持しておらずサービス開発の体制が組めないため、サービス開発知見の多い当社をパートナーに選択していただいた。

当社ご提案内容

ターゲット層であるベトナム⼈視点のUI/UX設計から保守改修までのワンストップでのハイブリッド型サービスの提供

その他のアプリ開発事例

ハイブリッドテクノロジーズでは、その他にもモバイルアプリや業務用アプリケーションまで、多種多様な290社以上の制作実績がございます。
アプリ開発をご検討の方はぜひ一度お問い合わせください。

 

まとめ

PoC開発とは実現性や完成後に期待できる効果などについて検証を行うことです。PoC開発を行うことで、実現性の低い開発に時間や資金を注ぐことを回避しやすく、業務における無駄を省けます。

しかし、PoC開発を行うにあたって大規模に実施しすぎたり、目的を明確にせず行ったりすると、効果が期待できないでしょう。

PoC開発を行う際は小規模な開発を行い、コストをかけすぎないなどといった注意が必要です。

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ