MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ
   

ホーム

     

ブログ

CVCとVCの違いとは?成果の違いや現状と課題について解説!

   

CVCとVCの違いとは?成果の違いや現状と課題について解説!

サムネイル画像

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)とは?

CVCは「コーポレートベンチャーキャピタル(Corporate Venture Capital)」の略語です。ベンチャー投資が盛んに行われているアメリカで生まれたスキームで、2000年代になると日本でも注目され始めました。

CVCとは投資を本業としていない事業会社が自社の事業分野と相乗効果を生む可能性があるベンチャー企業へ投資を行うこと、およびそのための組織です。

CVCファンドの多くが事業会社の自己資金で組成されています。運営を行っているのは社内の投資部門や子会社、あるいは外部のVCです。

 

CVCが注目されている理由

 

現代のビジネスではオープンイノベーションが活発であるため、事業会社のニーズが変化しています。

そうしたなか、起業家も事業会社もCVCを利用することでさまざまなメリットを得られます。例えば、ベンチャー企業は事業会社の経営資源を活用することで自社を成長させることが可能です。一方、事業会社側にとってのメリットとして、ベンチャー企業に投資を行うことで業績拡大、およびコストの削減効果が挙げられます。

 

そもそもVCとは?CVCと何が違うのか

 

CVCとVCの大きな相違点は出資目的です。

前述のとおり、CVCとは事業会社がベンチャー企業と相乗効果を生み出すことを目的に行う出資です。

一方、「ベンチャーキャピタル(Venture Capital)」の略語であるVCは、機関投資家や個人投資家、事業会社が資金を出し合ってファンドの組成、およびキャピタルゲインを得ることを目的としています。多くの場合、創立して間もない企業が金融機関から融資を受けるのは難しいですが、ベンチャー企業であってもVCから投資を比較的受けやすい傾向にあります。VCはベンチャー企業の株式を取得し、その企業が上場した段階で株式を売却し、利益の獲得を目指しています。

VCの資金調達のされ方

VCはCVC設立で委託を受けた企業の他、個人の投資家や機関投資家から資金調達を行っています。

また、VCは財務的リターンのみに目的を絞っているため、CVCよりも投資先が幅広い点が特徴です。

 

CVCとVCの獲得成果の違い

CVCは投資先との成長や拡大を目指す

CVCは財務的リターンを目的のひとつとしているものの、そればかりに着目しているわけではありません。事業の成長や拡大といったシナジー効果にも着目しています。
ビジネスを構築して共同で売り上げを伸ばしたり、原価を圧縮したり、技術転用することを目的としています。

VCは財務的リターンに着目する

VCは財務的リターンのみに着目していることがほとんどです。

VCはCVCよりも幅広く投資を行っていますが、VCからの投資を希望するベンチャー企業すべてに投資しているわけではありません。VCは投資したベンチャー企業が上場したときの売却益を狙うため、事業内容など成功の可能性を中心に投資するかを判断します。また、VCは投資家などから集めた資金を使って投資しているため、投資先を決める際は資金提供してくれた投資家の意見を聞き入れる必要があります。

 

CVCとVCの現状と課題

CVCは長期的な視点が必要

CVCは信頼関係の上に成り立つといっても過言ではないでしょう。信頼関係はすぐに構築できるものではないため、長期的な視点で取り組む必要があります。
投資とは結果がすぐに出るものではありませんし、倒産などのリスクも高いです。そのため、出資者にとって「成功するのだろうか」や「倒産するのではないか」といった不安はつきものでしょう。

こうした不安を軽減するために、事業シナジーが生まれやすい、もしくは経営上のサポートを得られるCVCの選択がおすすめです。

 

ハイブリッドテクノロジーズの提供サービス

ハイブリッドテクノロジーズは日本とベトナムのリソースを融合させ、顧客のDXを支援するハイブリッド型サービスを展開しています。

当社は自社の利益のみならず、投資先会社についても利益が相乗効果によって最大化されることを目的にしています。初期のMVP開発や成長期におけるプロダクト開発について、当社のリソースを提供しながらワンストップで対応します。

サービスの形態としては、ラボ(ストック)型、受託(フロー)型において顧客の要望に合った形態に対応できます。豊富な顧客プロダクト開発の実績を活かし、モバイルアプリケーション、各種システムの開発、WEBアプリケーション、運用、保守の他、デジタルコンサルテーションサービスを通して、顧客のDX推進をサポートします。

ハイブリッドテクノロジーズが選ばれる理由

ハイブリッドテクノロジーズの取引実績は累計290社におよびます。

ハイブリットテクノロジーズが選ばれる大きな理由はスピード感のある対応です。当社が運営する「Hybrid Technologies Capital」では資金のみならず、プロダクト開発経験に基づいて優秀なエンジニアチームを短期間で組成することができます。

そのため、スタートアップで不可欠なハイスピードの実現が可能となっています。また、ファンド償還期間の設定を行っていないため、ハンズイフのスタイルでベンチャー企業のサポートを長期的に行っています。

 

まとめ

CVCは事業会社がベンチャー企業にシナジー効果を得ることを目的に行う投資活動です。

事業会社がCVCを行うメリットとして、有望ベンチャーとの早い段階での接触やオープンイノベーションの促進などが挙げられます。一方、ベンチャー企業側も資金面でサポートを受けられるだけでなく、設立母体である事業会社と関係を構築できるため企業の信用力や認知度アップといったメリットを得られます。

CVCからの資金調達を検討中の方にはハイブリットテクノロジーズがおすすめです。相乗効果を期待できるだけでなく、初期のMVP開発や成長期におけるプロダクト開発についてワンストップで対応してもらえます。

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ