株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(東京都中央区:代表取締役社長CEO チャン・バン・ミン、以降は当社)は、2021年12月23日に、東京証券取引所マザーズへ新規上場しましたことをお知らせいたします。

サービスをご利用いただいている皆様、お取引先様、株主様をはじめ、創業以来支えてくださったすべての ステークホルダーの皆様によるご支援、ご高配に心より御礼申し上げます。

当社は今後も、「New View with you」というビジョンのもと、日本とベトナムのリソースを融合させた開発手法である「ハイブリッド開発」を用いて、クライアント様の課題解決につながるDXソリューションを常に提供し続け、関わる全ての人々とともに成長を目指していきます。

■新規IRページのご紹介

この度、当社は、東京証券取引所へ上場をいたしました。なお、新規上場に関する詳細につきましては、

日本取引所グループのウェブサイト「新規上場会社情報」をご参照ください。

URL:https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

■ハイブリッドテクノロジーズが目指すミッション/ビジョン

いま、V-Tech(Vietnam-Tech、読み:ブイテック)企業と呼ばれる、ベトナム関連のITエンジニア企業が注目を集めています。ベトナムでは、国策でITエンジニア育成を強化しているという背景があり、V-Tech企業の数は10年間で15倍まで伸びており、売上高は2000年の3億ドルから2020年には1200億ドルと400倍へと成長しております。当社では、そのような背景の中で、カルチャーや生活習慣の違いにまで踏み込める「ハイブリッド人材」を開発に加えることで、オフショア開発にありがちなコミュニケーションの課題を解決しております。これにより、コミュニケーションにおけるストレスを無くし、高品質で効率の良い開発を実現し、Win-Winの関係を築き上げることができます。私たちは「ハイブリッド開発企業として常に発展途上な企業として誇りを持ち、顧客とともに成長すること」をミッションとして掲げております。また、ハイブリッドデザインパートナーとして、皆様と常に新たな景色を見続けたいという想いの下、「New view with you」というビジョンを掲げ事業の拡大を目指して参ります。

■ハイブリッドテクノロジーズが提供する「ハイブリッド開発」とは?

 当社の提供するサービスは、日本とベトナムのリソースを融合させ、顧客のビジネスとテクノロジーという両側面からDXを推進する「ハイブリッド開発」です。ハイブリッド開発においては、コミュニケ―ションの仲立ち役である、日本人PMとベトナム人PMの豊富な経験から、従来のオフショアでありがちなコミュニケーションの齟齬などを防ぎます。実際のサービス設計フェーズにおいては、UCD(実際にサービスを利用するユーザーの使い方を元にデザイン・インターフェイスを作成)によるUI・UXデザインを提供し、実装のフェーズではアジャイルスクラム開発を取り入れ、計画、開発、テスト、リリースを繰り返すことにより、高品質かつスピーディな開発を実現します。このように、サービス設計からエンハンスまでワンストップでサービスを提供することで、クライアントへ貢献いたします。

会社概要

所在地 :東京都中央区新川2-22-1 いちご新川ビル5F

設立  :2016年4月28日

資本金 :247,193千円

代表者 :チャン・バン・ミン

事業内容:システム開発に必要な要件の定義、仕様設計などのコンサルテーション、
      UI/UXなどカスタマーエクスペリエンスなどの上流工程から、各種開発、運用、
      保守まで一気通貫したシステムのサポートを行っています。

サービスサイトURL  https://hybrid-technologies.co.jp/company/#about

コーポレートサイトURLhttps://hybrid-technologies.co.jp/

<本件に関する報道関係の方からのお問い合わせ先>

ハイブリッドテクノロジーズPR事務局(㈱アンティル内) 担当:藤田・中根・吉田
TEL:03-5572-6063 FAX:03-6685-5265 E-MAIL:hybridtechnologies_pr@vectorinc.co.jp