UX・UIデザインで、
ユーザーに最適なサービス体験を実現

アプリやWebサービスは、ユーザーがどれだけそのサービスにおける機能を快適かつ適切に使えるかどうかで、
ユーザーにとっても、サービスを提供するクライアント企業にとっても価値あるものになります。
そのためにハイブリッドテクノロジーズでは、表層的なUI・ビジュアル設計ではなく、
クライアント企業のブランドやビジネスを理解しながら、ユーザーのサービス体験を最大化させるUI・UXデザインのご提供します。

ブランド理解

ブランド=サービスを提供する法人格と捉え、クライアント企業のブランドポリシーやレギュレーション理解や把握をします。これ以降の各デザインのフェーズにおいて、サービスを提供するブランドの姿勢として正しいかどうかブランド軸で判断するための基準になります。

ビジネス、サービス理解

アプリやWebサービスを提供するクライアント企業、サービス提供をうけるユーザーそれぞれの視点を理解します。ビジネス理解のために、ビジネスゴールの把握、市場調査や競合調査を行い、サービス理解のために情報構造の把握、ペルソナ理解を進めていきます。

UXデザイン

カスタマージャーニーマップやエクスペリエンスマップといった手法を用い、サービスがどうユーザーに使用され、体験されるのか、使用における課題を抽出し、あるべきユーザー体験のコンセプトを定義します。必要に応じてクライアント企業も参加するワークショップを行い、サービスにおけるユーザー体験の相互理解を努めます。

WF設計

サービスが提供する各機能の情報・設定項目・属性といった様々な情報を、ユーザーの使用シーンに合わせ、ワイヤーフレームとして構造化し整理します。機能単体の情報設計と、機能間の連動性も踏まえた横断的な情報設計を行うことで、最適なUIデザインのための基礎を整えます。

UIデザイン・ビジュアルデザイン

各種プロタイプ制作ツールにてビジュアルを含めたインターフェースの設計を行うことで、サービス体験を具現化し、検証します。 想定されるターゲットユーザーにとって直感的にわかりやすく、繰り返し使いやすい設計を図ります。 またブランドイメージに合わせた各種UIパーツの配色設定や、イラストやアイコン作成といった装飾的なビジュアルデザインを行い、サービスのトーン&マナーを設定します。

アプリデザイン iOS・Android

OSが提供するアプリデザインのガイドラインに則りながら、弊社がこれまで携わった様々な業種・業態におけるアプリデザインのナレッジやノウハウも活かされたアプリデザインをご提供します。

Webサービスデザイン

WebサービスはスマホやPC、タブレットなど、様々なサイズのデバイスや環境が想定されるため、それぞれに合わせたナビゲーションの設計やレスポンシブ設計が必要不可欠です。その一方でフォントの選定やレイアウトの高い自由度など、視覚的な表現力を高めることも可能なため、サービスの魅力をアプリとはまた違った側面で体験設計することができます。プリデザインをご提供します。

290社の制作実績

モバイルアプリケーションや業務用アプリケーションまで、多種多様な業種・サービスの制作実績がございます。

[制作例]
AI、ビデオ通話、EC、マッチングアプリ、業務効率化システム、チャット、チャットボット、人材マッチング、メルマガ、eラーニングライブコマース、比較サイト、メディア、求人サイト、各種社内基幹システム、SNS、マーケティングツール、
データ分析ツール、受付システムなど。

制作実績のご紹介

まぐまぐ!リーダー

メルマガ・ニュースメディアの閲覧アプリ
スマホアプリ

Doc IT

Doc IT 医療専門マッチングサービス
Webサービス

AI与信審査サービス Fimple Credit

AI与信審査サービス
Webサービス