ハイブリッドテクノロジーズでは、災害時に事業継続を行う上でも不可欠なBCP対策、社外からビジネスに必要な各種データへのアクセス、増加するトラフィック対策やサーバメンテナンス、工数の削減など、事業の目的に応じたクラウドサービスに設計、構築、運用サポートを提供しています。

ハイブリッドテクノロジーズで構築可能なクラウドサービス

クラウドサービスの特徴

01
コスト
削減

クラウドサービスなら物理的なサーバーに比べて、最小限の構成から環境構築が可能です。複雑な管理もクラウドサービス企業が行うためサーバーの管理コスト・運用コストの大幅な軽減が期待できます。

02
スケーリング/負荷分散に
柔軟に対応

アクセス増加などによる急なシステムの増強、スケール(容量)の変更・増加、負荷分散も簡単・迅速に実現が可能です。物理サーバーで必要となる手間やコストが軽減できます。

03
セキュリティ
対策

最新のセキュリティ対策で運用されているクラウドサービスは、障害発生時にも迅速に対応する事が可能です。地震や火災など、災害発生時、電源供給や耐震面でも対応がされており、システムへのリスクも最小限に留めることが可能です。

ハイブリッドテクノロジーズのクラウドサービス導入支援

クラウドサービス導入
コンサルテーション

クラウドサービス導入までの各種最適なサービスを提供いたします。

クラウド環境構築・移行支援

環境構築に加え、データセンターやホスティング、オンプレミス環境下で運用中の既存サーバー内システムを、クラウドサービスへ移行。

クラウドサービス導入支援

クラウドサービスへの移行導入支援だけでは無く、クラウドサービスを活用した新たなシステム開発を各クラウドサービスの利点を最大限に活用できる環境をご提案・構築いたします。

クラウドサービス導入支援開発

ラボ(ストック)型開発

仕様変更や機能追加などが予測されるプロジェクトにおいて、アジャイル型開発を通して柔軟に対応を行うサービスです。

受託(フロー)型開発

開発に必要な仕様や要件が確定しており、ウォーターフォール型の開発をご希望のクライアント様に適したサービスです。