ハイブリッドテクノロジーズは、ハイブリッド型開発のパイオニアとして、皆様の成功にコミットします。

ブログ

2019/12/11ブログ

オフショア開発のトラブル解決方法

partner 1

こんにちは、今回は「オフショア開発でよく起こるトラブル解決方法」についてご紹介します。

外部へ開発業務を委託する場合、「トラブル発生」→「お互いの関係悪化」→「開発効率低下」→「さらに関係悪化」する・・・という負のスパイラルに陥ることがあります。

さらに、ベトナムに限らず、オフショア開発の活用を行った場合には、システムの業務利用背景、言語習慣の違いから新たな問題も発生してきます。

このようなことが起こると、どんな開発もうまく行かなくなってしまいます。
この負のスパイラルに陥らないためには、どうすれば良いのでしょうか?

これまでの当社の経験から、オフショア側と日本でトラブルが起こる原因は大きく3つあると考えます。

1)現地のエンジニアからの報告を検証もせずに、それに基づいて計画を立ててしまう
2)オフショア側に仕様の読み取りや、設計方針を全て任せてしまう
3)問題や課題を率直に話さない

以下に、それぞれの背景と解決方法について紹介させて頂きます。


1)現地のエンジニアからの報告を検証もせずに、それに基づいて計画を立ててしまう

オフショア側の状況確認のために、毎日朝会やミーティングを行っていても、進捗を正しく確認できないまま進めてしまっているケースがよくあります。

進捗を確認した時に、オフショア側から「順調です」「進捗は80%です」といった報告をそのまま受け取ってしまうと、納期直前に「想定と違うものができていた」「指定したコーディングルールに沿っていなかった」というトラブルが発覚し、リリース日を後ろ倒しにせざるを得ない・・・ということが起こりやすくなります。

解決方法:言葉での報告ではなく、実際のアウトプットをこまめに確認する

毎日コミットされたソースコードを少しでも確認する。いくつかの操作に対するアウトプットを答えてもらうなど、言葉ではなくアウトプットをチェックすることをおすすめします。
オフショア開発だから特別なのではなく、日本人同士でも起こりうるトラブルですね。


2)オフショア側に仕様の読み取りや、設計方針を全て任せてしまう

オフショア側に仕様を渡しておけば、あとは意図や背景を汲み取って、プロジェクトが進んでいくと思っていたら、リリース直前になって「全然ちがうものができていた」といったトラブルが起こることがよくあります。

これはエンジニアのスキルが低いからではなく、「このシステムがどのように使われるか」「どのような業務の流れになっているか」を完璧に想像することが難しいということが原因です。
オフショア側からの問い合わせだけに頼って、全ての品質や仕様を担保しようとするのはとても危険です。

解決方法:システム仕様だけでなく、システム背景の説明をしっかり行う

エンジニアに開発内容を伝えるときは、まず以下のポイントを元に概要を伝えるようにしましょう。
・このシステムを作る背景
・このシステムの使用者は誰か
・このシステムで解決したい課題は何か
・このシステムに期待されていることは何か(コスト削減、業務効率化など)
・このシステムをいつから使いたいか

これらを伝えた上で、システムの仕様説明を行うと、その仕様になっている理由が伝わりやすく、開発精度や改善提案の精度にも大きく影響します。


3)問題や課題を率直に話さない

ベトナムのオフショア開発では「モチベーションが下がるので、ベトナム人を人前で怒らない方がいい」「悪いところを注意するのではなく、いいところを褒めて伸ばさないといけない」ということをよく言われます。
そういった背景もあり、エンジニアが仕事で問題を起こした時でも、それを本人に伝えず日本側で解決してしまうことがあります。
しかし、問題を本人に伝えないまま業務を続けると、それが大きなトラブルの元になりかねません。
文化や考え方の違いはあるにせよ、問題が起こったときは本人にフィードバックすることが大切です。

解決方法:まずは当社にご相談ください

当社はラボ型オフショア開発の進化系である、「ハイブリッド開発」を提供しています。
特に日本にいるBSE、PM陣は、同じベトナム人だからこそ、エンジニアの気持ちがわかり、日本で10年以上もBSE、PMとして活躍する彼らだからこそ、日本人の求めることが理解できます。
日本人がいうと理解されないことも、彼らがベトナム語で伝えることで、厳しい指摘も
前向きに捉えてくれることもしばしばあります!

外国人エンジニアに直接伝えづらいことは溜め込まず、まずは当社にご相談ください。大切なのはお互い仲良く仕事を進めることだけはなく、自分たちのチームがどのような課題を抱え、どの方向に進んでいいるのかをしっかりと把握し、進むべき方向に向かって進んで行くことです。

以上、いかがでしたでしょうか?

他にも「こんな問題をかかえている」などのご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。